高速バスの基本情報について

高速バスは、東京と大阪を結ぶ大都市間の移動はもちろんですが、大都市と地方都市を結ぶ便も多く運行されています。

高速バスの運行時間帯は、日中便と夜行便に分かれていて、遠方に向かう便は所要時間が掛かる事から、夜行便を多く出しています。夜行便を使うメリットは、車内で仮眠をしておけば着く事であり、新幹線・航空機の始発便よりも目的地に早く着く事が出来ます。高速バスは、座席指定か自由席の座席定員制を採用しており、座席指定タイプは長距離便がメインとなっています。

大型連休や長期休みなどの繁忙期に利用する場合は、早期に座席予約が埋まってしまう可能性があるので、その時期に旅行・規制などをする場合は、早めに予約をしておく事が大切と言えます。料金システムは各社異なっていて、繁忙期料金・閑散期料金・早期割引料金・直前割引料金・回数券料金(普通料金よりやや割安に設定)といった設定があります。高速バスで運行する車両は、短距離が4列シートを多く採用していて、長距離は3列独立シートが多くなっています。

最近の長距離便は、他社との差別化を図るためにラグジュアリーシート・独立2列シートが増えており、一人あたりの専有面積を広めに確保する事で快適性を向上させています。なお、車内のサービスも多角化が進んでいて、女性の一人利用でも安心して乗れる女性専用シートや女性専用エリア・化粧が出来るパウダールーム・無料Wi-Fiの導入をする事業者もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *