高速バスの予約方法や乗り方について

高速バスは、他の公共交通機関(新幹線・航空機)と比較すると速達性では劣りますが、運賃に関しては割安に設定されているので、若者を中心に多大な人気を集めています。

高速バスのチケット予約・購入は、バス会社の有人窓口以外にも、コンビニエンスストアの端末やインターネット経由でも買える事がほとんどです。大手ポータルサイトが運営する旅行会社経由の購入に関しては、ポータルサイトのポイントも使う事が可能となっています。最近の高速バスで増えているのは、座席指定をピンポイントで行える事であり、売れ残る可能性がある座席中央側をやや割安にする事で、乗車率向上に努めています。

これ以外の乗車率アップ策としては、競合する他の交通機関がある場合は、普通運賃より10%以上割引になる回数券導入や、航空会社の販売システムと似た段階的な早期購入割引等が挙げられます。高速バスの乗り方は、ターミナル出発の場合は5分以上前に着いて待機しておくのが望ましく、出発までに点呼・荷物の積み込みを終えておけば定時通りに出発する事が出来るので、可能な限り早く着いておくようにしましょう。

途中のバス停から乗る場合は、乗る少し前にチケットを見せる準備をしておく事が大切であり、電子チケットを見せて乗る場合も同様です。なお、予約なしでチケットを持たずに乗る事が出来る、乗車時精算方式を採用しているバスは、事前に幾ら払うかを確認しておくと支払いの際に慌てずに済むでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *