ロダン&フィールズのスキンケア

自分史上ベストの肌へ

ロダンANDフィールズ 化粧品 美容

大豆イソフラボン、大豆種子エキス配合の美白化粧水

投稿日:2020年11月9日 更新日:

大豆イソフラボンには美白作用があります。肌に塗る場合でも効果は期待出来ます。大豆イソフラボンは女性ホルモン様作用がありますが、そのホルモン様作用が、メラニン色素を薄めます。化粧水に大豆イソフラボンが配合されている場合には、成分記載表には大豆種子エキスか大豆エキスと表記があります。

大豆種子エキスとは大豆の種から抽出した女性ホルモン様作用が含まれる種ですが、大豆エキスであると、女性ホルモン様作用以外の成分も含んだエキスという意味になります。大豆種子エキスは女性ホルモン様作用のある成分以外は、大豆エキスほど成分は含んでいないのです。後者である、大豆エキスには、イソフラボン以外にも有効成分が含まれている事にもなりますから、その違いは注意したいところになります。大豆エキスには大豆イソフラボン以外にもレシチン、サポニン、カルシウムなどの成分も含まれている可能性があります。

それらが美白化粧水に配合されている場合、成分記載表にはどのように記載されているか確認すべきです。大豆種子エキス、大豆エキスはどちらも美白効果がありますが、大豆種子エキスの方が美白作用は高いのです。それが高い濃度で配合されていれば、即効性があります。また、大豆種子エキス配合の化粧水はムダ毛を抑える効果もありますから、顔の産毛にも効果を発揮します。

一石二鳥の効果を得られます。また、美白の他に肌に弾力を与える、コラーゲンの生産を補助する、皮膚のターンオーバーを補助するというメリットだらけの成分になります。因みに保湿力は大豆エキスの方が高いのです。

-ロダンANDフィールズ, 化粧品, 美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乾燥肌には保湿が一番

うちの娘はアトピー体質で、極度の乾燥肌です。

乾燥肌対策と非接触生活

非接触生活というのは、石鹸で洗ったり、化粧液をつけたり、といった美肌ケアを一切しないことです。

乾燥肌の方が化粧水を選ぶポイント

皮脂の分泌量・肌内部に含まれる水分量が少なく、バリア機能が低下している乾燥肌の場合、化粧水で保湿成分を補う必要があります。

化粧水が乾燥肌に効果的である理由

時間と費用の節約ができるとあって、最近はオールインワンジェルに人気があり、実際多くの商品があります。

美白化粧水の効果と人気

多くの女性たちが雪のように真っ白な肌に強い憧れを抱いています。