ロダン&フィールズのスキンケア

自分史上ベストの肌へ

ロダンANDフィールズ 化粧品 美容

美白化粧水の成分について

投稿日:2020年11月21日 更新日:

美白化粧水を選ぶ時には、有効成分を確認する必要があります。なぜなら、白や青のボトルで美白を連想させる化粧水であっても、実際はそうではなく、普通の保湿化粧水の場合もあるからです。有効成分には、代表的なものでビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチンがあり、その他にはエラグ酸やカモミラET、ルシノール、コウジ酸、プラセンタエキス、4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)があります。これらは国から認可を受けている美白有効成分です。

製品の成分表に記載される場合、トラネキサム酸はm-トラネキサム酸、アルブチンはα-アルブチン、ルシノールでは4-n-ブチルレゾルシノールとなっている場合があります。美白有効成分の中には、水と相性の良いものと、油と相性の良いものがあります。中でもビタミンC誘導体は水との相性が良く、化粧水に配合すると角質への浸透も高く、よく使われています。一般的な美白化粧水は、できてしまったシミを消すというよりも、今後表面に浮き出てくる可能性のあるシミに対処する働きや、肌のくすみを改善する働きを持つと考える方が良いです。

特別な美容液でなくとも、予防として毎日使い続けることで、将来のシミやくすみを抑制できるというものです。効果が高く人気のあるハイドロキノンは、まだ認められていない成分です。肌の漂白剤とも言われるほどですが、肌刺激を受けやすく、簡単に使用することができません。使用したい場合は専門医に相談する必要があります。

-ロダンANDフィールズ, 化粧品, 美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

化粧水で美白したいのなら

日々のスキンケアで美白できないかと思っていませんか。

化粧水で美白するなら夏の疲れが出る時に

白く美しい肌をしている人というのはとても魅力的です。

乾燥肌の人が化粧水を選ぶポイント

乾燥肌の人が化粧水を選ぶ際には、幾つかのポイントを押さえた上で賢く選ぶことが必要です。

お肌がかさつくときは化粧水で保湿する

乾燥して、お肌がカサカサしている人は老けて見られるので、若々しく見せたいなら、保湿成分を配合した化粧水でケアすることが大切です。

化粧水でケアしたいなら

普段お風呂場で洗顔をしている場合、お風呂場に化粧水を置いておくと良いかもしれません。