RO水のウォーターサーバーは放射性物質の心配がないために、ウォーターサーバーの中では人気を集めていると言えるでしょう。福島の事故が起こったときに、東京の浄水場で放射性物質が検出されたことがあります。そのために水道水に対する不安が増大したのです。ウォーターサーバー業者の中には、水道水を原料として加工しているものがあります。

水道水をRO水に加工して販売しているわけです。これだけを聞くと安全性は低いと考えてしまうのですが、実はRO水というのは非常に安全性が高いのです。それは加工される仕組みを知れば分かります。RO水の原料となるのは、正直なところ何でも良いのです。

不純物の混じった水であっても、浸透膜という膜を透過させることによって、不純物をほぼ完全に取り除くことができます。ですから、RO水というのは、純粋な水だと言って良いでしょう。放射性物質と言っても何らかの物質であることには違いはありませんから、浸透膜を透過することができずに取り除かれます。ですから、安全性は非常に高いと考えられます。

放射性物質に対する安全性を気にする人はたくさんいますから、本気でこだわるのならRO水を利用するのが良いです。ただ、各社とも検査は行っていますから、放射性物質が混入していて健康被害が現れる可能性は低いと考えられます。乳幼児がいる場合などには気をつけなければなりませんが、神経質に心配しすぎる必要はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です